RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【シングル】第7回関西シングルFESTAベスト8 厨パキラーメガフーディンパ

お久しぶりです。僕自身が3DSを半年開かなくなり、ブログも三か月放置してしまいました。半年ぶりに「そうだ、ポケモンをやろう」と思い、関西シングルFESTAに参加してきました。

今回はメガ進化の中でも比較的マイナーであるメガフーディンに着目し、フーディン軸を目指しました。
今回のオフ会も前回と同様に全く同じ構築を友人に使用してもらい、両名とも予選抜けをすることができました。
それではPT紹介です。

メガフーディンスイクンガブリアスナットレイボルトロス(霊獣)メガガルーラ

ポケモン特性技1技2技3技4持ち物
メガフーディンマジックガード(トレース)サイコキネシス身代わり守るアンコールメガ石
ガブリアスさめはだ地震岩石封じステルスロック吠える気合いの襷
マリルリちからもちアクアジェットじゃれつくはたきおとす腹太鼓オボンのみ
ヒートロトムふゆうオーバーヒートめざ氷放電鬼火達人の帯
ジャローダあまのじゃくリーフストーム蛇にらみリフレクター光合成ゴツゴツメット
メガガルーラきもったま(おやこあい)秘密の力グロウパンチふいうち地震メガ石


初めはイバンガルドとメガフーディンで組んでいましたが、使えば使うほどゲンガーの優秀さを思い知らされてしまい、結果として過去に成績を出していた、ステロ+フーディン+積みを基軸に据え、PTコンセプトを  「厨パ滅すべし」  としました。

この段階で基本選出3体が決定し、残り3枠を考えました。

基本選出の積みの候補としてマリルリを選んだ際に出せないポケモンが
キノガッサ
フシギバナ
ジャローダ
ボーマンダ
________ここまで絶対に勝てない相手
ハイボ勢
ナットレイ
ギルガルド
________ここまであまり対面したくない相手

となりました。
そこで裏択としてヒートロトムとジャローダを採用しました。
最後にフーディンが出せない状況で出せるもう一つのメガ進化として求められる性能は釘差し性能が高いことでした。
そこでバシャ、ガル、ゲンガー、マンダといった有名なポケモンを比較してガルーラに落ち着きました。
以下個別配分です。

メガフーディンメガフーディン@ナイト 臆病
実数値:151-xx-103-195-115-215
H:8n-1
H-B:A200ガブの逆鱗を高乱数耐え
H-D:145ボルトロスの10万を2耐え
S:S143スカーフランドロス抜き

身代わりを採用したフーディン、通称悪戯おじさんを悪戯するオジサンです。金縛りと違い、身代わりは読まれにくいので相手の化身ボルトロスの電磁波を身代わりで受け、アドバンテージをとることができました。またガルーラの択においても不意打ちを身代わりで流してアドバンテージをとることもできました。
Sはメガ進化前の段階でゲンガーを抜くことと耐久調整されたメガバシャーモを後出しからでも対処ができるという二点においてこれくらい必要であると思いました。代償として耐久を落としたせいで乱数が絡むようになってしまったのも事実ですが・・・。

スイクンガブリアス@気合の襷 陽気
実数値:191-151-139-xx-106-169
H-B:A194メガガルーラの秘密の力を高乱数2耐え
H-B:(ヤチェの実の場合)A194メガガルーラの冷凍パンチを高乱数耐え

先発特化要因です。厨パのガルーラは大半が秘密の力持ちなので秘密の力を2耐えすることで行動回数を増やすことを目的としました。持ち物に関してですがPT的に重いハイパーボイス勢、またはじゃれつく勢を削ることを目的に襷にしましたが、冷凍ビームガルーラに対して行動回数を確保できるヤチェも候補です。一長一短なのでその時の流行次第ですね。

ボルトロス(霊獣)マリルリ@オボンのみ 意地っ張り
実数値:184-110-113-xx-101-83
H:4n
S:4振り60族抜き抜き
残りB

ポンポコマリルリです。Sを4振り眼鏡ニンフィアを抜ける当たりまで振って、残りをBに振ることで対ファイアローを見てます。
あまり調整を施してないので特に書くこともありませんが、まぁよく耐えました。

ナットレイヒートロトム@達人の帯 控えめ
実数値:157-xx-127-165-127-114

ロトムについてです。表択だと処理できないマンダ、アローに対する駒が欲しくて耐性的にロトムが思い浮かびました。ここで前の枠だとやたらめったら鬼火を巻かれたこと、ガルドクチートを吹き飛ばせるためにヒートにしました。また、オバㇶだと隙が大きいので耐久をあげれる鬼火を採用。調整については、表の3匹と組み合わせたとき、短期サイクルになりやすいと思ったので、火力をあげつつ自由に動ける達人の帯を採用しました。

メガガルーラ
ジャローダ@ゴツメ 臆病
実数値:173-xx-135-95-115-170

ロトムを組み込んだとき、キノガッサ、ガルーラの通りがよくなってしまうのでそれらに対応できることと、下から動くのが嫌いなのでSが高いポケモンを探したところ、ジャローダにすることにしました。ロトムを耐久振りにしていないのでそれを軽減でき、ガルーラに強くなるゴツメリフレくターを採用しました。ここの枠はナットレイにすると、パーティー単位で重いハイボマン達を受けることができますが、ロトム+ジャローダorナットレイの選出はマリルリがどうしても通らない場合(マンダ+草など)のみであるため、マンダノとりまきにおおい火傷技もちである水ロトム(鬼火もち多し)、スイクンで起点になるのが気になり、今回は採用を見送りました。

ガブリアスメガガルーラ@ナイト 意地っ張り
実数値:197-192-121-xx-122-136

表択であるメガフーディンが出せない状況で出し、且つ見せ合い段階で釘差しができる=存在感があるポケモンという発想により、メガ進化で有名なポケモンを採用しようと思いました。そこでバシャーモ、ゲンガー、ガルーラ、マンダ、クチート、ヤミラミが候補にあがりました。
それぞれの不採用理由は以下の通りです。
クチート、ヤミラミ:Sが極端に遅く、またこれらのポケモンの相方に必要とされるどっしりしたポケモンがいない
バシャーモ:あまり出てほしくないアローを呼びやすい
ゲンガー:範囲がフーディンと被る
ボーマンダ:ガブリアスの枠と被り、マンムーにする必要がある=基本軸がぶれる

以上のことより消去法でガルーラを採用しました。正味、これが正解だったと確信を持てないのが実際です。
技構成としてはゴツメ持ちも含め様々な範囲、耐久値と相手をさせたいのでSをメガ前からガッサを抜き、グロウパンチと秘密の力でゴツメもちを突破、安定性の高い地震、そして不意打ちといったスタンダードに近い秘密ガルにしました。他にも猫捨て身大文字冷凍ビームといった崩しに重きを置いた技構成も考えましたが、無理やりの突破が欲しいという理由から今回は見送りました。



◆選出
・対厨パ(ここではガルガブボルトゲンガー+水+炎というように水がマリルリである、あるいは炎がウルガモスやアローであるのも含める):ガブリアス+フーディン+マリルリ
・厨パ以外で上記のマリルリが相手にしたくないポケモンが一体ないしはいない場合:ガブリアス+フーディン+マリルリ
・厨パ以外でマリルリが相手したくないポケモンがいる場合:ヒートロトム+ジャローダ+(マリルリorガルorフーディン)


◆弱点
重たいポケモンはマリルリの苦手なものですが、それ以外にもゲッコウガもあげられます。これは単体ならいいのですがマリルリの苦手なポケモンと共存すると頭を抱えるレベルで参ってしまいます。
このパーティーはガブリアスの仕事の量に依存しますのでガブリアスが仕事できない場合はかなり厳しい戦況になります。

◆おまけ
今回は2名の対戦回数計20試合15試合は基本選出であるガブリアス+フーディン+マリルリを出していました。
また自身の選出回数として
フーディン:9/11
ガブリアス:9/11(先発回数9回)
マリルリ:8/11
ヒートロトム:2/11(先発回数1回)
ジャローダ:2/11(先発回数1回)
ガルーラ:3/11

【シングル】2015年に使ったPTまとめ

今年も後数日ということですので、今年組んでいたPTを纏めておきたいなと思い、書いている次第です。

ちなみに去年のまとめはこちらです
各タイトルでその記事に飛べるようにしてます。ですので、ここでは去年同様今時点での感想を書きます。

迷走クレッフィヤドラン
メガゲンガークレッフィオニゴーリガブリアス080-mm.pngキリキザン

こういった頭のネジが外れたような構築を使うのは初めてで、勝てるか怪しかったのですが、なんでかこれでSD1600越えが余裕だったので全てはオニゴーリのおかげだったと思います(軸のヤドランとは)。また11月に再チャレンジということでバンドリ+メガヤドランでヤドランの苦手なボルトロスを抑制しようと組みましたが、ボルトロスが何故か出てくるのであのおっさんは頭おかしいと思います。

第5回関西シングルFESTA実質予選抜け構築:アッキニンフィア軸ガルガブ
ガブリアスメガガルーラニンフィアスイクンサンダーギルガルド

実質と書いてあるのは予選3位だったけど、色々あって繰り上がり2位だったのですが、それで通ったとは知らずに帰った結果予選抜け扱いにはならなかったからです。ニンフィアというポケモンはスイクンとボルトロスに比較的強いということで信頼できるポケモンです。ただ個人的には単体火力の低い欠伸バトンは弱いと思ってます。これ以降ニンフィアを使ってないのでそろそろ使いたいなとは思ってます。

ゴツメガブリレー
ガブリアスメガガルーラジャローダファイアローメガゲンガーボルトロス

記事自体は次の構築よりも遅いのですが、先に組んだのはこちらでした。
相手の選出に左右されないイージーウィンを目指した結果がリレー方式にするというものでした。ただ、蓋を開ければゲッコウガに重く、逆に言えば必ず初手に来るのでメガガルーラを出すで解決はしてました。

第一回名大オフ使用構築:願いバシャ+オニゴーリ
メガバシャーモラティアスオニゴーリメガゲンガーポリゴン2ボルトロス

オニゴーリを再び使いたいということで色々な経緯でA0さんのと被ったパクった参考にしたPTでした。
前日に控え目ラティアスしかおらず、周回して図太いにしたのですが、結論は控え目のまま使えばよかったのにと後悔してます。

第6回関西シングルFESTA予選抜け構築:対面構築偽装毒菱パ
ゲッコウガボルトロス20141202201411c17.pngドサイドンバシャーモメガガルーラ
FESTAは4回目から行っているのですが、ようやくということですね。この日は前日までの育成疲れか遅刻をしてしまい、大変申し訳なく思ってます。かとぱん君じゃないですが、遅刻からのこれはある意味伝統なのかもしれません。(次からは時間を守ります)

この二ヶ月で使った構築その壱 乳酸構築
ゲッコウガ20141202201411c17.pngメガバシャーモピクシーボルトロス(霊獣)ギルガルド

ここからは他人任せのPTになります。
この月は僕がFESTA以降試験で忙しかったので考えた結果を渡すということでポケモンをやってる気分をいただきました。
ちゃちゃまるには感謝してます。

この二ヶ月で考えた構築其の弐 ランドガルーラサザン
ランドロス(霊獣)ボルトロスメガガルーラサザンドラクレセリアメガクチート

他人に案を投げた構築第二弾。
いい加減ポケモンを自分でやれなんですが、今度は実習で忙しくなってしまったので、これしかないのですよね・・・。
この構築、実は作成に要した時間は5分だったので、色々と穴が見えてしまい恥ずかしい限りですが、どれだけ時間をかけても上手く纏まらない構築は根底が間違っている構築という名言を某フォロワーが言っていたので5分で纏めれたということはコンセプトは少なくとも間違いではないのだなと思いました。

以上で2015年に使用した構築のまとめを終わります。
・・・・・・これ以外にも公開している構築があるじゃないかって?

……君のような勘のいいガキは嫌いだよ?

【シングル】この二ヶ月で考えた構築其の弐 ランドガルーラサザン

メガガルーラランドロス(霊獣)ボルトロスサザンドラクレセリアメガクチート

この2か月で考えていた構築パート2です。
この構築も前回同様ちゃちゃさんに使用して貰い京大交流戦とPCLの決勝、12月九尾杯チャレンジャーズリーグで使用しました。

 構築の経緯としてはガルーラを使おうと考え、並びとして元祖でもあるガルクレセドランについて考えました。以前からガルーラは攻撃範囲と耐性範囲が異なりすぎて使いにくいと思っていましたが、思案した所ガルクレセドランの本質はガルクレセ+ドランではなくてクレセドラン+ガルーラである=2体での耐性補完が成り立つことでガルーラを使いやすくしている
とわかり、それならエルフドランやサザンガルドでも同様にできるのではとなりエルフドランも試しましたが今回はサザンガルドガルーラから開始しました。
 サザンガルドの欠点として本来ならばマリルリを入れて真の補完としているため2体ではマンムーやガブバシャに弱いことです。そこでガルドをクレセにして弱点を補いつつ、新たに出てくる問題をクチートを入れることで補強しています。

 また上四体では火力が足りないかもしれないので耐性補完ではなく攻撃範囲補完をするポケモンとしてクレセドランについで有名なボルトランドを採用しました。ちょうどシーズン中に起点を回避する爆発ランドがあったのでゴツメ役を剣舞爆発ランドで破壊してガルーラボルトあるいはボルトクチートで突破する目的です。

 要するにギルガルドのスイッチみたいにクレセサザン+ガルーラクチートの防御寄りとボルトランド+ガルーラクチートの攻撃寄りの両面をコア選出としています。

それでは以下個別です。このブログで書いた技構成や配分はあくまで渡した原案で実際には若干変更されています。

メガガルーラメガガルーラ@ナイト 意地っ張り
猫騙し/捨て身/地震/不意打ち
実数値:181-193-121-**-121-152

一番火力の出るタイプのガルーラです。猫不意はゴツメ役が脅威ですが、今回は爆発ランドやサザンがいるので採用しました。積み役がボルトランドクチートといるのでガルーラまでもすることはいいかなという感じです。技の地震枠ですが最後まで雪崩にしようか迷いましたが、サザンクレセでの場合ドランを考えて選びました。

ランドロス(霊獣)霊獣ランドロス@ヤチェ 意地っ張り
地震/岩石封じ/剣舞/大爆発
実数値:189-211-111-**-101-123
+2大爆発でHBカバを最低乱数以外で突破(クレセは中乱)
岩石封じでライコウ抜き
A-1意地ガブの逆鱗を乱数0.97以下で2耐え
A-1意地メガガルの猫捨て身耐え
ラムゲッコウガの冷凍ビーム確定耐え

主に起点回避とゴツメ役の突破をしてもらいます。初めはゴツメランドを考えてましたが大爆発するのにゴツメはもったいないのでヤチェにしています。襷が余っているので襷もありです。ガルーラクチートの苦手な奴にはとりあえず爆発しましょう。

ボルトロス化身ボルトロス@オボン 臆病
10万/めざ氷/電磁波/悪巧み
172-**-92-158-100-179

最速悪巧みのボルトロスです。役割としてはガルーラで倒しそこねたポケモンを倒したり電磁波でガルーラクチートの補助をしてもらいます。僕自身ターン制限のある技が得意ではないので電磁波クチートのほうが使いやすかったです。
調整はとりあえず有名な調整を流用しました。

サザンドラサザンドラ@ラム 穏やか
悪の波動/挑発/羽休め/電磁波
実数値:191-**-111-150-154-125
珠ゲンガーのヘド爆を羽ループ可能
珠ゲンガーのシャドボ+気合玉を中乱耐え
CSメガゲンガーのシャドボ+気合玉を最高乱数以外耐え

対ゲンガー用のみに採用と言っても過言ではないくらいに固いサザンドラです。役割としては挑発で展開阻害とゲンガー受け、電磁波サポートと自身のまひるみがあります。弱点の格闘はクチートクレセボルトランドが半減できるので色々な選出パターンが期待できます。身代わりを見送った理由は化身ボルトのめざ氷をどうやっても耐えないからです。耐えてくれれば身代わりにしています。

またちゃちゃさんにはラム羽の他に選択としてスカーフサザンの案も渡してまして、僕はラム羽を書きましたが、実際にはスカーフサザンで運用したそうです。

クレセリアクレセリア@ゴツメ 図太い
サイキネ/電磁波/月光/スキスワ
実数値:227-**-187-98-150-105

ガルーラクチートサザンに相性のいいので採用しました。役割としてはバシャやマンムー受けと電磁波サポートです。スキスワはあくまで起点にされてもカバーできる用なので打たない状況なのが一番です。

メガクチートメガクチート@ナイト 意地っ張り
不意打ち/じゃれつく/身代わり/剣舞
実数値157-172-145-**-116-70

身代わり搭載タイプのメガクチートです。採用理由はクレセサザンで一貫しやすい鉢巻逆鱗やフェアリーを起点にできることが大きいです。身代わりは電磁波での期待も兼ねてますが一番の目的はクチートで多い択回避やある程度削れた上で逆鱗に後出しした時に打てれば後続に関して補助技回避ができる点でメリットがあると思います。
実際はナットレイを厚く見る関係で炎の牙採用型にしたそうです。僕は無振りナットレイのジャイロボールは身代わりが高乱数で耐えるので身代わり採用型を使っていました

結果:京大交流戦勝ち
    PCL決勝シングル負け
    九尾杯チャレンジャーズリーグ抜け(らしい)

反省点としてはガルゲン問題を克服することはできましたが、若干これでも火力が低いかなと思ってしまいましたので、(悪く言えば耐久と火力が中途半端)どちらか極端な構築を目指そうかなと考えました。

いかんせん自分のポケモン対戦モチベが上がらない2か月でしたが、こういう形でもポケモンに触れることができたのでよい方だと思います(イカや狩りの闇に飲まれてないという点で)
次構築を書くのが春かまたこのように貸出でのものになると思いますが広告が出ない程度にはやりたいと思います。

【シングル】この二ヶ月で使った構築その壱 乳酸構築

ゲッコウガ10d252f54a63ca37213739f2666a155bb1d5cd821407679984.pngメガバシャーモピクシーボルトロス(霊獣)ギルガルド

お久しぶりです。ブログが広告が出てしまったので回避目的と定期的な構築公開とかを兼ねて上げないと思ってたものを出す次第です。
この二ヶ月ポケモンをやっていたかというと半分Yesで半分Noと言った感じで、構築の原案を2個渡してました。

今回はゴツメについて考えた結果のPTです。第41回委員会オフでちゃちゃさんに同様の構築を使用して貰いました。リンク先はコチラ

構築の経緯についてはリンク先で書いて渡したものがあるので省略して書きますと……
①秘密の力ガルーラのせいでゴツメをメインダメージのリソースに使用できなくなった
②仕方がないからゴツメをサブリソースとして運用しよう
③幅広く弱点が付けて火力が足りなくなるゲッコウガ使おう
④とりあえず相性のいいメガマンダと毒の通らない鋼に強いメガバシャーモを使おう
⑤メガバシャーモはバシャと違って抜きには向いてないからバトンにしておこう
⑥バトン先には筋肉バンドリを参考に霊獣ボルトとピクシーにしておこう
⑦最後に補完とまもみがを兼ねてガルド入れておこう
⑧構築名は筋肉+毒=乳酸やん⇐今ココ



以下個別です。このブログで書いた技構成や配分はあくまで渡した原案で実際には若干変更されています。



ゲッコウガゲッコウガ@ゴツメ 臆病
かげうち/熱湯/凍える風/どくびし
実数値:151-116-119-126-81-184
S:115族抜き
H-B:146鉢巻ブレイブバード耐え

構築のコア。技は前回のけたぐりを変更して対面バシャに打ちやすい影うちを投入しています。実際は挑発にしてカバを厚く見ていたようです。HDアローを考えて水手裏剣もありだと思います。

メガボーマンダ@ナイト 意地っ張り
実数値:171-216-150-**-110-172
捨て身タックル/地震/羽休め/守る

今回は電気枠が霊獣ボルトであるのでコア選出ではないですが相性がいいことは間違いないので採用しています。FESTA以降の発見としては無振りのスイクンの冷凍ビームくらいなら羽連打が可能ということくらいですね。

メガバシャーモメガバシャーモ@ナイト 腕白
実数値:182-180-143-**-100-128
フレドラ/ビルド/バトン/守る
加速でゲッコウガ抜き
A200一致地震を乱数0.96以下で耐え
A194親子愛地震を乱数0.98以下で耐え

コア選出です。HPが偶数で自覚が足りていませんが乱数に支障がないことと加速と11nを優先した結果醜い数字となっています。飛び膝に関しては実際は入れていましたが、ビルドがないと安定したバトンが出来ないと思っています。

ピクシーピクシー@カゴ 図太い
アシストパワー/瞑想/小さくなる/眠る 実数値:201-**-134-115-110-85
+2加速で最速ガブ抜き
+3加速で最速130族抜き

コア選出の片割れです。上記の通り持ち物がアッキではなくカゴである+3加速が理想であることからもビルドアップが必要であると思います。

ボルトロス(霊獣)霊獣ボルトロス@オボン 控えめ
10万/めざ氷/草結び/悪巧み 
実数値:184-**-117-187-100-134

コア選出の片割れです。悪巧み前提なのでかなり耐久に振ってます。草結びはカバ用に採用していました。しかしピン出しをしたいということも考えるなら臆病最速+気合玉で運用したほうがいいと思います。

ギルガルドギルガルド@残飯 控えめ
シャドボ/キンシ/毒/身代わり
実数値:161-49-170-90-170-107

保管枠兼まもみが枠です。BDちょうせをしていないのは身代わりが一致イカサマでも耐えるからでその分Cに回すことで対メガゲンガーへの乱数をずらしています。この手のガルドは身代わりガルーラのきてんにされるのが弱点でしたが毒菱のおかげでそれを保管できていると思っています。(以前はめざ氷を入れたりシャドボではなくラスカノを入れたりしてた)

コア選出はゲッコウガ+メガバシャーモ+霊獣ボルトorピクシーです。ゴツメ毒菱でやりたいこと(思いついたこと)が打ち止めで末期にはペンドラークレッフィでバトン偽装をしてクレッフィでまもみがとかに至ったので当分は押入れ行きだと思います。

反省点としては霊獣ボルトをマンダと組ませることを考えて臆病にした方がよかったなという点です。

結果:第41回委員会オフベスト16

もう一つ構築がありますが、使い終わったらブログに出す予定です。

雑コラム エルフーンとメガミミロップとソーナンスのアンコールについて

エルフーンミミロップソーナンス
(メガミミロップの画像を探すのが面倒だったのでミミロップで代用)

アンコールは相手の補助技に対して使用したり、無効技や半減技に対して使うことでコチラに有利な状況を作る技なのだが、どうもポケモンごとにアンコールの強さが異なってくると思う。

例としてエルフーンとメガミミロップとソーナンスを挙げてみる

結論として書くとこの3体の中で唯一エルフーンのアンコールだけ強い技ではない

これはあくまで自分のポケモン対戦における考えとして、不確定な読みをすることよりも確実性を取りたいというハイリスクハイリターンよりもローリスクローリターンを好む気があるからかもしれないが、エルフーンのアンコールはそこに起因する。

仮に龍の舞に合わせてエルフーンを後投げしたとする。こちらの択としてアンコールをするあるいは交代を読んで身代わりや宿り木を使うという択ができる。
相手としてもアンコール読みの交代と身代わり読みの攻撃の択ができる。
エルフーン側にとって、この択外しはかなりのリスクになる。
その上単純に択勝ちできるのは50-50な訳でこれが強い技だろうか?実質こんな糞技を使うなら55%も命中率のある草笛のが強いとならないだろうか?

ではミミロップのアンコールはどうなのだろうか。
結露としてミミロップのアンコールは少なくともエルフーンのそれよりも強いと言える。
理由としては採用率にある。
現在のエルフーンとミミロップ、そしてトゲキッスのアンコールの採用率は
エルフーン:81%(全ての技の中で一位)
ミミロップ:10%
トゲキッス:12%

となっている。これはエルフーンのアンコールはメインウェポンであり、ミミロップに関してはアンコールよりも注意しなくてはならない技が他にあると言える。
意表性という言葉がここにはしっくりと来るのだが、その意表性こそがエルフーンよりも強いと言える。
確率としてミミロップの場合、持っていない可能性が9割あるのだからその分そのまま突っ張る可能性も増える。
これによりアンコールの成功確率は50を超えるだろう

では最後にソーナンスのアンコールについて書く。
既知ではあるが、ソーナンスのアンコールはエルフーンと同様メインウェポンに近い存在であり、採用率も100に限りなく近い。
しかし、ソーナンスは特性のかげふみによって交代という択自体を消すことができる。(ここでは蜻蛉ルチェンは考慮していない)
よって
エルフーンと同様にアンコールの採用率が高くても成功率は高くなる。


結果としてエルフーンのアンコールは強い技ではないのでワンウェポンで行うのなら
ムーンフォースor草結び/身代わり/宿り木/悩みの種or置き土産
この構成の方が択の確率という面では出し方が変わるので結果として上がると思う。

プロフィール

ふろすと

Author:ふろすと
ポケモンの他でやってる物
・メガテンシリーズ
・ペルソナシリーズ
・世界樹シリーズ
・英雄伝説シリーズ

シングルメイン
非色違い大好き勢
ニコ生の大会で桐島というので参加してます
TwitterID:@poke_tsorf

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

カウンター

訪問者数

リンク

Twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。