RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

大会でのうんちゃら

自分のポケモンの実質的な師はよく言います。

ポケモンは2回まではミスをしてもカバーができると

例えばこんなPT
n637.gifi_rotomu_w.pngn376.gif
n460.gifn445.gif30351.png
突破力もあり相手の砂パ+雨パかつトリパにも厚く出ていて一見すると相性保管も完璧。そうい意味では1つの負けよりも多くの勝ちをとることを目的としているレートではこのような きれいなサイクル を意識したパーティが強く、安定すると思っています。
確かにこのPTは予想できないことには弱いかもしれません。そこは確かなことです。

ではもう1つのPTの例
n248.gifn445.gifn376.gif
294626.png274154.pngn145.giforn637.gif
例えば、この電磁波砂?や、アイコン面倒なんで省略しますけど、トノグドラ等のPT
良い言い方をすれば、突破力があり、ワンチャン性能が抜群のPTです。
悪く言えば、何がしたいかがわかるPTです。

例えばの話です。大会で運悪くガチ雨と当たったら砂はどうしましょうか。
トノグドラのPTでノオーorラッキースタンで来られたらどうしましょう。
突破力あるPTはメタられる代表格になります。どうして大会で対策PTにあわないことがあるんでしょうか?
○○PT以外に強いじゃダメなんですね。

結局、安定したPTがなんでも強いんじゃないのかな?
<後日談>
安定したPTがより強いというのにも語弊が生じるかもしれないので追記
最終的に大会で強いのは環境に強い(刺さる)PTです。こっぽらファイナルでも対策があまりされない受けループが優勝しました。

だからより強いというのは安定性能のあるPTだということ

まぁ正直駄文ですね。いつかためになる記事が書きたい
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

ふろすと

Author:ふろすと
ポケモンの他でやってる物
・メガテンシリーズ
・ペルソナシリーズ
・世界樹シリーズ
・英雄伝説シリーズ

シングルメイン
非色違い大好き勢
ニコ生の大会で桐島というので参加してます
TwitterID:@poke_tsorf

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

カウンター

訪問者数

リンク

Twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。