RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
173: by on 2015/03/31 at 01:38:40

>というかOPで19thって書いてあったけどそんなに出してたのか・・・

SAGA PLANETSはビジュアルアーツの中ではKeyよりも長い歴史あるからね

▼このエントリーにコメントを残す

   

花咲ワークスプリングの感想

半年ぶりに暇だったので書きます。対戦よろしくお願いします

◆一言で感想

悪い、カルマルカサークルよりもつまらない

ゲームのテーマとしては幽霊部に入って日常を過ごして、幽霊部の目標である各ヒロインの未練を主人公が解決する・・・だと思います。
何故・・・だと、と書いたかと言うと
圧倒的にテーマのゴリ押しとかがなくて薄っぺらい
これに尽きると思います。

体験版の範囲においては期待せざるを得ません。幽霊部を作ろうとする主人公の頑張りは読んでてまだ面白かったですが、体験版以後の範囲が薄い。
前作のカルマルカサークルは目標として「皆で七夕に魔訶を無くそう」というテーマがありました。その中身はルートごとの矛盾とかはありましたが明確でした、つまり解決までが如何に強引であっても本質として一貫がありました。
しかし今作においては話のルートごとによる矛盾等は1回プレイでは目立った場面はありませんでしたが、その代わり未練に関してヒロインの、そして主人公がつまらない、そしてトゥルーエンドへの繋がりが薄いという印象でした。

主人公の未練に比較的関連する祈と綾乃ルートはまだ作りが良かったのですが、ヒカリと若葉に関しては必要性に欠けていてます。
また伏線が今作はないといっても過言ではありません。伏線とは回収して初めて伏線と言います。匂わせただけ匂わせて回収しないのは伏線ではありません。そういった匂わせるだけの設定は多いにありましたが、それが伏線にまで昇華できたかと言うとそうではなかったと思います。


各個別ルートに関してましてはできばえとして
祈>綾乃>ヒカリ>若葉であり、主人公の未練となるある人物に繋がりがある人に関してはできばえがまだ丁寧かなと思います。しかし、個別は無味という感想で済みますが、一番悲惨なのは体験版以後~個別ルートまでの共通ルートがほとんどないという所です。これのせいで伏線を敷いて個別ルートで回収といた作業がしにくく、結果として内容が薄っぺらい作品となたと思います。
そしてトゥルーエンドに関しては過去最大に本編での盛り上がりをさせないまま突入させたため味気のないエンディングになってしまいました。

自分はサガプラ作品は四季シリーズの秋からしかやってませんが、どうも集大成であり名作と言われる冬の売れ筋ポイントを引きずったまま劣化させているので四季シリーズをプレイした人にとっては面白いという感想を得ることはできないと思います。
体験版の範囲で幽霊部の五つ目の部則「桜の木の下で立ち止まってはならない」というのがあります。名作であるはつゆきさくらの栄光に止まってはいけないというのではないかという邪論で〆ようと思います。

というかOPで19thって書いてあったけどそんなに出してたのか・・・
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
173: by on 2015/03/31 at 01:38:40

>というかOPで19thって書いてあったけどそんなに出してたのか・・・

SAGA PLANETSはビジュアルアーツの中ではKeyよりも長い歴史あるからね

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

ふろすと

Author:ふろすと
ポケモンの他でやってる物
・メガテンシリーズ
・ペルソナシリーズ
・世界樹シリーズ
・英雄伝説シリーズ

シングルメイン
非色違い大好き勢
ニコ生の大会で桐島というので参加してます
TwitterID:@poke_tsorf

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

カウンター

訪問者数

リンク

Twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。