RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

Miracleルチア(Mチルタリス)考察

f4dd708c41878416f3ce0e16cadcd7a72b869abf1407906196.pngギルガルドスイクン

ちょっとした構築案です。
ORAS新規メガシンカ勢の中、自分が注目している一匹であるチルタリスとその取りまきについてです。

まずメガチルタリスそのものは種族値として

75   110  110   110  105   80

とAに40BCに20と勿体ない振り分けをされてますが、これは言い換えればマンダやリザと同じく技を出すまで物理か特殊かわからないというメリットでもあります。それでも無駄値ではある
耐性として
ばつぐん(2倍) フェアリー/どく/はがね/こおり
いまひとつ(1/2) かくとう/ほのお/でんき/みず/くさ/むし/あく
こうかなし ドラゴン
となっています。これは元のチルタリスと比べると弱点の数は変わりませんが、その内容がガラッと変わり、また無効タイプも変わります。
ここで着目して欲しいのは弱点となるタイプは比較的多くのタイプで半減することができ、特に鋼+水や炎+水、炎+鋼でおおよそのタイプを消すことができます。逆に耐性面ではサザンドラと同じように氷2倍族であることから竜の耐性を一番受けれるのではないでしょうか?

型としましては考えている中で
①羽コットン+物理
②羽コットン+特殊
③舞物理(+身代わり)
④特殊身代わり

の4つです。この中でも物理型は特殊型と比べるとメガチルタリスを採用する点になるのではないでしょうか。そしてH-Bがフェアリー勢で最も高いのも魅力です。

そこで、パッと考える案としてはチルタガルドを挙げます。

334-mm.png
ギルガルドスイクン

ここでドランではない理由としては、ドランを採用すると水を呼んでしまうところ、地面に対して無理やり行動を1回出せること、そしてゲンガーとポリ2に弱くない所です。

炎と言えば攻撃面にこそ重きを置く必要があると思っているので、ドランを採用すると攻撃面での候補を減らすことになり、地面ではチルタリスが失った地面耐性がネックになり、ゲンガーポリ2みたいな受け封じにドランよりも分があると判断しています。
こうなると重いのが相手のガルドとドランになるので、サポートとしてスイクンを入れてます。
他にもこの2体を潰せるガブリアスも候補だと思ってます。

つまり完成されるものとしては
チルタリス
ギルガルド
スイクン
他のメガシンカ
アタッカー(バシャやガブ)
補完(できればサンダーやボルト等浮いている物)

となります。
チルタガルドスイクンですが、選出としては
チルタ+ガルドorスイクン+α
他のメガシンカ+残り2
のような感じになるのではないでしょうか?
チルタリスと並行して後2つ考えていますが、年内には纏めておこうかなと思ってます。それでは次の記事で
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

ふろすと

Author:ふろすと
ポケモンの他でやってる物
・メガテンシリーズ
・ペルソナシリーズ
・世界樹シリーズ
・英雄伝説シリーズ

シングルメイン
非色違い大好き勢
ニコ生の大会で桐島というので参加してます
TwitterID:@poke_tsorf

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

カウンター

訪問者数

リンク

Twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。