RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

126回九尾杯予選抜けエンテイ軸パーティー

エンテイカバルドンメガゲンガーメガハッサムサンダーキノガッサ

今回はエンテイ軸でパーティーを組んでみました。九尾杯で使用し、本戦突破までは行きました。シングルレートは1800後半から1900後半まで使い勝率は7割くらいです。
最初に書きますが、エンテイ軸はお遊びパです。決して強いポケモンとは言えません。理由としてはKP上位であるガブリアスやバンギラスに対して打点が低いです(火傷込でも難しい)。
現在PGLで上位12位までポケモンと勝負した場合以下であると考えています。
比較的有利:ゲンガー クレセ メガリザY
相手によってはなんとかイーブン:アロー メガリザX ギルガルド
不利:ガブ ガルーラ バンギ マリルリ ギャラ ロトム バシャーモ
イーブンと書いたものは正直相手にはしたくないレベルです。一昔前ですが12位以内であったサンダーやクレセクチートにはなんとか勝てる程度です。またチョッキエンテイはクッション性能が大きいポケモンなのに補完にもクッションを仕込む必要があるのが痛いです。
そんなPTでもなんとか勝つように組んでみました。以下個別です。

エンテイエンテイ@突撃チョッキ 意地っ張り ※クラウンエンテイです
神速/聖なる炎/じならし/ストーンエッジ
実値:207-166-115-xx-100-138
S:じならし込でメガライボルト抜き
H-B:ステロ込でA146鉢巻ブレバ耐え
H-D:C190メガゲンのヘドバク確定3・C178メガネニンフィアハイボ確定4・CぶっぱメガリザードンYの晴れオバヒを2発耐え(非連続)

 今回の軸となるエンテイです。問題点は先に書いたので割愛します。具体的な仮想敵はいなく、鬼火の通らない物理アタッカー程度の認識です(使いたいだけだったので)。
 使用感としては出せる試合では確実にエースとなるので出せる試合は積極的に出しても構いません。ゲンガーやニンフィアに対しては想定通りでしたが、メガバナに関してはエンテイ+αで処理することが多いです。一番の鴨はサンダーです。因みに九尾杯では3縦を2回やりました。見直しました。

カバルドンカバルドン@ゴツメ 腕白
地震/岩石封じ/ステルスロック/なまける
HB

 2枠目に入ったポケモンです。この枠は霊獣ランドロスを経てます。採用理由としてはエンテイで重いガブリアスやガルーラに比較的有利なポケモンであることです。
 メインウェポンの地震と挑発がよく来るので岩石封じの2ウェポン、エンテイを使う上で想定されるサイクル戦用+アローへの対策の一つ(実際は対策ではない)のステルスロックまでは確定です。ラストは怠けるを使ってましたが、最近の物理ポケモンが火力が高く、受けれないことが多いので、次に使う時は吠えるに変えたい所です。選出頻度はとても高く、採用して正解ではあると思いました。

メガゲンガーメガゲンガー@ナイト 臆病
シャドボ/気合い玉/挑発/道連れ
HS

順番としては5枠目に採用しました。採用理由がこのポケモンだけなく、単純にエンテイを使うに当たって必ず出る穴を強引に埋めようということです。このような採用をしたので選出頻度は低かったです。ただ強引に持っていくという点と範囲の広さは評価しています。

メガハッサムメガハッサム@ナイト 意地っ張り
バレットパンチ/叩き落とす/剣の舞/羽休め
HA

4枠目に採用。理由としてはエンテイとセットにできるメガシンカとして炎に弱くてもいいという条件が加わるのでハッサムとヘラクロスが候補に挙がり、今回はハッサムを採用しました。エンテイの苦手な物理をある程度起点に出来るのも理由です。ヘラクロスの方がサイクルをする上では強いですが、鋼信仰が厚いのでこっちにしました。パターンとしては初手は叩き落とす、2サイクル目以降で剣舞をしていくという流れになります。選出頻度はゲンガーをあまり使わなかったことからも多かったと思います。
サンダーサンダー@残飯 臆病
ボルトチェンジ/熱風/どくどく/羽休め
HB

3枠目に採用しました。エンテイ+カバルドンで回すと苦手な水ポケモンとポリゴン2などの耐久ポケモンが候補になるのでそれを軽減するためとこの時点である程度想定していたゲンガーの採用を見据えてアロー抑制のために採用しました。
 今回は臆病で挑みましたが、控え目であることを推奨します。控え目のメリットはスイクンへのボルチェンの確定数の確率(3発が1%→66%)やH振りガルドへの熱風の確定数と控え目であるメリットが大きかったです。元々はガッサ対策でしたが、持ち物を残飯にしたことやガッサと対戦しなかったことより控え目であるべきと教えられました。

キノガッサキノガッサ@タスキ 陽気
マッパ/種マシンガン/岩石封じ/キノコの胞子
AS

 6枠目に採用しました。サンダーのみでは対策になれない対水ポケモンの中でもある程度先発特化のポケモンを採用できたので初めて襷ガッサを使ってみました。性格は直前までは意地っ張りでしたが、補正込での明確な仮想敵を持っておらず、岩石封じでメガゲンガーを抜かせる陽気に変更。これが功を奏した場面はありませんでしたが、意地っ張りに戻すことはないでしょう。

<まとめ>
苦手な構築はカバドリとメガバシャとギャラドスです。これらは必ず出さないといけないポケモンが出るので相手が上手いと逆に起点とされかねない所があるからです。PTの理想は全てに対して2通りの選出ができるといいですね。
おそらくはエンテイはもう使いませんが、なかなか面白いPTで、勝てないと思ってたのが意外と勝ったので満足です。
選出頻度(九尾杯8戦)
カバ7 
ハッサム5 
ガッサ4 
エンテイ3 
サンダー3 
ゲンガー2
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

ふろすと

Author:ふろすと
ポケモンの他でやってる物
・メガテンシリーズ
・ペルソナシリーズ
・世界樹シリーズ
・英雄伝説シリーズ

シングルメイン
非色違い大好き勢
ニコ生の大会で桐島というので参加してます
TwitterID:@poke_tsorf

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

カウンター

訪問者数

リンク

Twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。