RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

【XYシングル】第3シーズンの反省と晒し

最近の皆様のブログに於きましては【】で囲う方が多いと思ってましたが、あれはまとめに載るための策であると思いましたので模倣してみたいと思います。

第3シーズンで学んだことはガルーラのサブエース化ということです。どこかのブログに書いてあったことに影響を受けたのですが、なかなかしっくり来るものがあったので今シーズンはそれをテーマとしていました。

ガルーラのサブエースというのは、軸にガルーラ以外を採用して他を軸に置き、ガルーラを補助として採用する方針です。これのいいところは対策されているガルーラに頼らない試合ができることと、ガルーラの技範囲の広さにあります。

ガルーラをメインにした場合、それの補完をするポケモンの数は限られますが、他をメインにした場合の補完としてのガルーラは型が豊富にできる分構築がしやすいらしいです。

前置きはここまでとして反省会を始めます。

n645fc.pngn488.gifn115m.gif
n681.pngn184.gifn243.gif

霊獣ランドロス@オボン陽気 地震/岩石封じ/ステルスロック/大爆発
クレセリア@ゴツメ図太い サイキネ/冷凍B/電磁波/三日月の舞
ガルーラ@ナイト意地っ張り ねこだまし/不意打ち/やつあたり/地震
ギルガルド@保険冷静 影打ち/シャドボ/聖なる剣/キンシ
マリルリ@チョッキ勇敢 アクジェ/滝登り/叩き落とす/じゃれつく
ライコウ@残飯臆病 10万/めざ氷/瞑想/身代わり

第2シーズン終盤に使ってたPTで思っていたヘラクロスのクソ技外しが嫌なのでガルーラに変更。それによる対ガブ性能が落ちたので、代わりに霊獣ランドロスを入れてます。感想としては微妙の一言。ポケモン同士の持ちものが合っていないことが原因だと思います。例えば、ランドロスがステロを撒いたからと言っても抜き役がいないなど。ただ、並びは好きなので持ち物を変えて使いたいとは思ってます。

思えばここからフシギバナ恐怖症が始まったのかもしれない。


XYグッドスタッフ vier
画像とかが面倒なのでリンクで勘弁してください。
メンツはガブ・ガル・クレセ・ハッサム・ニンフィア・サンダー

ゆいオフ辺りから増えてきたニンフィア入りを自分なりに使いやすい(例え、構築に欠陥が出てもそれを補うポケモンが使いにくい場合はその欠陥を無視する)ようにやってました。
ニンフィアの火力は今でも最強とは思ってますが、如何せん物理に脆い。後はこのころから増えたメガゲンガーにサンダーと落とされると、ドランでPTが崩壊するという欠陥があったので解散。この頃からガルーラの型が変態になり始めた。

そしてこの時もめざ赤メガバナが怖かった


XYグッドスタッフ fünf
メンツはギャラガルガブガルドマリルリ霊獣ボルト

ライトさんがニコ動でアップしたACガルーラに感動してめちゃくちゃな改造をしたガルーラで挑んだPT。以降はこのPTがベースになってた。クレセリアがメタられまくった時なので、クレセの代わりにゴツメギャラを採用。またハッサム以外でいい鋼を考えた結果残飯ガルドを採用。それに合わせてボルトとマリルリを入れてみた。後にマリルリはオボン腹太鼓型になってた。

結果としてはガルドで3縦コースがあった。レート2000台でも。ただ、どうしてもバナが重い。今度は地震メガバナがゲロかった。後は電気タイプがいるだけで選出が厳しい時もあったし、何よりも化身ランドロス+メガフシギバナのPTは見せ合い時から白目剥いてた。前回のPTもだけど。

残飯ガルドは確かに強く、第4シーズンでも積極的に採用したいが、補完面からすると何を入れても無理臭しかしないのが否めない。本来ならメガギャラがタイプ相性では抜群ではあるが、竜舞ギャラと残飯ガルドの起点対象が似すぎているのでメガギャラが採用できない。またガルド+ガルーラだと、ガブリアスの存在が大きすぎる。纏めれば、アタッカー気質で地面が半減以下、そしてガブガルに強い奴が理想的である。


n115m.gifn286.gifn130.png
n681.pngn642fc.pngn445.gif
技構成の変更は
ガブ:空元気→毒づき
ガルド:シャドボ→ラスカ
個体変更は
キノガッサ@毒玉腕白 岩石封じ/ビルドアップ/キノコの胞子/身代わり

前回のガルドの補完として探したのが腕白ガッサ。地面半減でギャラがガルーラに落とされてもガッサで巻き返しが出来るので評価できる。後は地味に悪半減。
また技変更としては、ガブリアスに関しては空元気を打つ機会が思った以上になかった。それならエルフーンでも見てろと言うことで毒突き。ガルドに関しては身代わり竜舞メガバンギと身代わりガルーラに分からされたのでラスカにした。おかげで役割対象が減ったが、何よりも意表が付けるという点では評価している。対戦ではやはりガルドの前で竜舞するバカバンギがいたので分からせてやった。

ただ、これでもメガフシギバナで白目剥ける自信がある。というか剥いてた。そしてPTに先制技を誰も持たなくなったのが一番の恐怖所。次に使うなら鉢巻ガッサにするだろう。0.88以下ならガルーラを粉砕できる。うん、そうしよう。

総括としては書いてて気づいたけど、第3シーズンはメガフシギバナとの戦いだった気がしてきた。個体数は少ないけど、舐めたらアカンということを思い知らされた。最高レートは2042。最終レートは1900台。このレートが人権持てているかは読者に任せる。

最後にこの記事の書く形?がですますからであるになっているが、意図的である。決してミスではない。(書いてる日にちが異なるのと、メガバナへのウィークポイントばっか書いてて苛ついたわけではない)
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

ふろすと

Author:ふろすと
ポケモンの他でやってる物
・メガテンシリーズ
・ペルソナシリーズ
・世界樹シリーズ
・英雄伝説シリーズ

シングルメイン
非色違い大好き勢
ニコ生の大会で桐島というので参加してます
TwitterID:@poke_tsorf

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

カウンター

訪問者数

リンク

Twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。