RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

イバンの実ソーナンスの所感

n202.gif

ソーナンス 超 H190 A33 B58 C33 D58 S33

ナンス自体が結構癖があるポケモンですので、使う際にはかなりナンスについて知っておく(できればBVを見て立ち回りを研究するといい)べきだと思います。

魅力としては
①交代できない(一部例外を除く)
②起点作成
③体力が残りわずかでも圧力をかけれる。

この3点が挙げられます。
 ①は周知のとおり特性によるもの。例外としては蜻蛉とボルチェン、そして余り知られてないですが蟻地獄です。特性が影ふみ同士であれば互いに交代できますが、実は影ふみと蟻地獄では互いに交代できません。つまりダグトリオが積み技を持っていると6積みされるので注意が必要です。ある意味ナンスキラーの頂点です。
 ②は積みサイクルのようにアンコールで状態異常等を固定し、半減、あるいは無効に交代し有利な状況を作ること。
 ③は例えナンスのHPが1であっても相手に即攻撃技を選ばさせることができます。

次にイバンの実の説明。
発動条件
・最大HPの4分の1以下になった次のターン以降に技を使用
 ※「ヤタピの実」等と違い、ターン中に発動しないので、引っ込めても問題は無い
・優先度が0以上の技を使用
 ※「でんこうせっか」等を使用した場合でも条件を満たしていれば発動
・自分の「みがわり人形」が残っているいないは関わり無く発動
・もともとの素早さで先手を取れる取れないに関わり無く発動

非発動条件
・自分/相手が交換した場合
・相手/相手が「まもる/みきり」を使用した場合(「こらえる」は未実証)
・相手が自分より優先度の高い技を使用した場合
・自分が優先度0より低い技を使用した場合
 ※「ゆきなだれ」等を選択した場合はイバンは発動せず

これと併せて発動時の処理について書いていきます。
例えばマニューラvsゴウカザル@イバンとします。Sはマニュ>サルです。
 マニュ側は礫、サルがイバン+インファとします。するとマニュが先制します。
 マニュ側は礫、サルがイバン+マッパとします。するとサルが先制します。
ここでイバンは優先度を単純に+1しているかそれ以外の算出をしていると予想できます。

次にトリル下で発動したとします。
例えばマニューラ@イバンvsゴウカザル@イバンとします。
 マニュがイバン+礫、ゴウカザルがイバン+マッパをするとマニュが先制します。
ここでイバンはトリルの効果圏外で計算されていることがわかります。

最後に違う優先度で考えます。
例えばカイリューvsマンムー@イバンとします。Sはマンムー>カイリューです。
 カイリューは神速を、マンムーはイバン+礫をすると、なんとカイリューが先制します。更にマンムーのイバンはきちんと発動しました。

これより、イバンの実は
①優先度を+1状態にする ②同じ+1同士であるのならイバンを持ってる方を優先する
③同じ+1で更に互いにイバンを持っているのならSが高い方を優先する
④あくまで+1状態にするのであって+2以上の技には発動しても先制できない

この4つの処理をしていることがわかりました。




それではここからが本題です。
イバンの実ナンスは上で挙げた魅力の③を追及した型であると思ってください。

イバンの弱点は耐久のなさ。
つまり耐久値がオボン分低いわけでありまして、そこを工夫することが大事だと思います。

多くのブログを読むとSとHに振って、BDを敢えて(?)下げることで効率よくイバンを発動させる+Sを挙げることでアンコールや道連れを鈍足に対して早く出すという2点に注目していました。

正直な感想として、自分のなかではこのやり方はおかしくはないかと思いました。

それでは考えていきましょう。

◆Sのライン
ソーナンスはS33ですので普通にかんがえれば53~85(準速)~93(最速)です。
このあたりをみると実値84以下で環境にいそうなのがバンギ、ポリゴン2、ブルンゲル、カバルドン、ローブシンあたりです(サクラビスはS振り前提なので除外)。

そもそもバンギに出したくない+ブシンには後出し前提+ブルンは挑発してくることを考えると
仮に振ったとしてもカバルドンを抜ければいいと思います
つまりSを72程度あればいいかと・・・・・・。

◆耐久ライン
例えばH285D97でC182ラティ眼鏡流星群やC205のガモスのさざめきをイバン圏内耐えします。

それなんかおかしくないか?
そもそもガモスにナンスぶつけて処理するドヤ顔は構築の不備を露呈しているようなものだし、眼鏡ラティの流星群ならオボン込で1.5発耐えた方が有意義ではないだろうか。

これの問題点はどうもオボンナンスと同じやり方が通用すると思っているところだと思います。
どう考えても別ポケです。

自分としてはBD振りでいいと思います。
では配分を・・・・・・

実数値:272-xx-121-xx-104-53
268-xx-121-xx-108-53

ここで思われることは「コイツこんだけ言っておきながらH偶数だぜwwwwwwwしかも16nとかスリップダメ食らいまくりだろwwwwwwwにわか乙wwwwww」だと思います。

敢えてです
型がわかってない相手からすればナンスにたいして毒+天候はかなりの有効打です。
仮に奇数にするとナンス相手に多用してくる(あるいは既に毒状態でも毒を打ってくる可能性は十分にある)ものをアンコすると4nになるターン数が奇数と比べると1ターン早くなります。
計算するとH271のスリップダメは16、つまりイバン圏内に入れるには単純に13ターンかかります。
H272はスリップダメ17ですが、イバン圏内にいれるのに12ターンで済みます。
イバン発動がもくてきなのであれば偶数は考える価値があると思います。

それでもと思うのなら下の268にしたいです(こちらは4n)。
一応ラティの流星とA186カイリューの鉢巻逆鱗と雨グドラ眼鏡ドロポンを高乱数でイバン圏内にいれます。

もう一つは仮想敵の変更です。
仮想敵は龍ではありません。
主に電気タイプとスカーフ持ちとローブシンと水ポケです。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

ふろすと

Author:ふろすと
ポケモンの他でやってる物
・メガテンシリーズ
・ペルソナシリーズ
・世界樹シリーズ
・英雄伝説シリーズ

シングルメイン
非色違い大好き勢
ニコ生の大会で桐島というので参加してます
TwitterID:@poke_tsorf

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

カウンター

訪問者数

リンク

Twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。