RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
120: by on 2012/08/22 at 18:31:50

汎用理論間違ってますが
ウルガモスが汎用理論ポケの鑑です
言いたいことわかりますか?

121: by ドーミノー on 2012/08/22 at 19:31:52

>>名無しさん
間違っているというご指摘であれば、その箇所を教えていただければ訂正します。
おそらくウルガモスを出してくるということは積みうんぬんの箇所であると思うのですがそれでいいでしょうか?
仮にその箇所であるとして、ウルガモスは積んではきますが、他の所謂ハケモン(スターミー等)ということを考えると積みに弱い傾向があるのではないでしょうか?
確かに書き方がキツイと思うので柔らかくしておきますが、それでも違うのであるのなら具体的にお願いします。

122: by on 2012/08/23 at 03:30:27

事の発端は2ちゃんねるの某スレッドで、誰かが「ウルガモスみたいに全抜きできるエースポケが好きなんだよ」と言ったのが始まりです。たしかウルガモスをデスティニーガンダムに喩えており、その時点でネタにされておりました

そこからじゃあ範囲広くて速いポケモンなら汎用性あるし抜き性能高いしそれで6匹固めれば最強じゃね?とネタ発言をし知らぬ間に広まっていた(?)感じです

「汎用性が高い」の言葉の中には積み技を搭載したポケモンも含まれています。
無論スターミーのような積み技を持たないが範囲の広いポケモンもこれに含まれることは事実ですが、もともとの提唱者は「積み技」をしっかりとこの理論の中に含めているということをどうかお忘れなく

最後にこの汎用理論ははふざけた「ネタ」なのでそもそもの話まじめに考察する必要がありません

以上、駄文失礼いたしました

123: by ドーミノー on 2012/08/25 at 00:06:39

>>名無しさん

汎用理論の原点からすれば、確かに積みも要素になりますね。
自分としましては、書き方を工夫して書き直したいとは思っています。

ただネタと言いますが、このネタみたいなものを流用したのが対面構築になるので考察する必要がないとまで言えないと思います。

役割理論も金銀世代の毒毒眠るから構築理論に派生したように、汎用理論も派生が増えるかもしれませんし。

124: by ドナドナ on 2012/08/25 at 22:40:23

そもそも記事名が「当ブログでの用語説明」なので、
用語の間違い(?奇妙な言い回しだけど)を指摘するのはナンセンスでは?

定義付けするなら、もっと胸張って良いと思います。

125: by ドーミノー on 2012/08/26 at 01:04:19

>>ドナドナさん

そうですね、胸張る必要はありますね。
もう少し自信を持って出せるように精進します。

129: by on 2012/09/02 at 09:40:24

他所で明確に定義づけられたものに対して、全く関係のない第三者が自分で勝手に定義づけをし、それを胸はって主張とか頭湧いてますよ
「1+1=2」という事象に対して、『当ブログでは「1+1=3」であるとしています』って言ってるようなものです

▼このエントリーにコメントを残す

   

当ブログでの用語説明

書いておかないと誤解とか祖語を生み出す可能性があるので半分釈明しながら書いていきます。

①情報アド
先発を読み切り、相手に有利な立場を作ればおのずと相手は交代をする。
そうすれば相手の2体目がわかり、結果自分の選んだ3体で早く切っていいポケモンがわかる。
情報アドを取ることで、こちらは交代読みというハイリスクハイリターンのリスクを多少なりとも緩和することができる。

②情報開示アド
上の情報アドとは真逆の発想。違いとしては、情報アドは前半戦に有利で、この情報開示アドは終盤に有利である。
情報開示アドは相手にこちらの3体を見せることで相手に勝ち筋を見出させ、それを潰していく方法である。

情報アドの有用性は自分で切っていいポケモンを序盤で選ぶことができ、比較的自分の勝ち筋を作る手法である。
情報開示アドの有用性はあるポケモンを見せているのにもかかわらず、そのポケモンを出していくという可笑しさから相手の意表技を読み取ることができる。比較的負け筋を減らす手法である。

③役割論理
所謂ヤーティーのこと。HAあるいはHCに振り、持ち物は拘り2種+珠+プレート類を好む。交代合戦をしていた4世代においてはかなりの有用だった(ただし初期に限る)。内容としては、交代合戦をするときに拘り等で火力を上げ、相手に負担を与えることで次の交代を不可にする方法。
この方法の欠点は意表勢に弱いこと。つまり、交代合戦という流れにおいてはSを振る必要はない(相手は交代するのでSに関わらず先に攻撃できる。)が、ラティの珠めざ赤等でその流れを潰されると、Sに振らない分だけ不利に陥る。また、今は輝石などで耐久カバーできるので使いにくい。
ここから生み出された言葉は何故か一人歩きしている。

④役割理論
そもそも理論と論理は国語から考えると

理論:仮説に基づくもの
論理:仮説を実験等で検証されたもの
という違いがあり、うんたん・・・とまぁ理系な自分にとっては噛み砕くのが辛いのですが・・・。

話を戻して、役割理論は金銀からある手法でPT内で役割を決め、受けや流しをすることで相手を潰しにかかる方法。ここから派生した言葉は多すぎるので割愛。
あくまで金銀までの手法であり、4世代の火力インフレに伴い、この言葉は構築理論に変わっていった。
如何に偶発要素をなくすかに焦点が置かれることを指すようになった。
しかし急所や外しというようなことから確実性がないから理論なんでしょうね。

⑤汎用理論
上の2つと比べると新しく、知らない人も多い。まぁ知らなかったらポケモン失格ということもないわけで。
汎用理論は汎用性を高くし、交代合戦を行わない、あるいは交代や選出に一定のパターンを作ってしまう手法。
持ち物には拘りでなく、襷や珠を使用しフルアタに近い装備になる。所謂小学生がシナリオプレイに使うあれな方法、悪く言えば。1:1で強いポケモンを用意することで最終的には1:0で勝ちに至らせる。
欠点はフルアタが基本なので積みに弱い傾向がある。某有名人はそれ対策に零度スイクン入れるって書いてあるけどそれこそ、偶発要素がありすぎて汎用理論から外れるのではと思ってしまう訳だが・・・。

個人としては最強なのは構築理論だとは思ってます。まぁ各々がポケモンをやりだしたきっかけにこればかりは起因すると思います。魅せるプレイングこそ最強だと思ってます。

⑥特性からのS推定
ガチパで多い特性であるプレッシャーや天候を利用したSの推定方法。持ち物や型がある程度ここで推定度70%に至れるのでかなり有用な小技。

⑦遅延
放置とも言う。最も忌み嫌う方法。ランダムマッチで某有名な人が英語3文字で書いていた。内容を見ると、まぁ理には適うけれど、それやって楽しいか?

⑧スタンダードパーティー
かなり乱用されてる言葉。
自分の中ではスタン=構築理論に基づくPT。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
120: by on 2012/08/22 at 18:31:50

汎用理論間違ってますが
ウルガモスが汎用理論ポケの鑑です
言いたいことわかりますか?

121: by ドーミノー on 2012/08/22 at 19:31:52

>>名無しさん
間違っているというご指摘であれば、その箇所を教えていただければ訂正します。
おそらくウルガモスを出してくるということは積みうんぬんの箇所であると思うのですがそれでいいでしょうか?
仮にその箇所であるとして、ウルガモスは積んではきますが、他の所謂ハケモン(スターミー等)ということを考えると積みに弱い傾向があるのではないでしょうか?
確かに書き方がキツイと思うので柔らかくしておきますが、それでも違うのであるのなら具体的にお願いします。

122: by on 2012/08/23 at 03:30:27

事の発端は2ちゃんねるの某スレッドで、誰かが「ウルガモスみたいに全抜きできるエースポケが好きなんだよ」と言ったのが始まりです。たしかウルガモスをデスティニーガンダムに喩えており、その時点でネタにされておりました

そこからじゃあ範囲広くて速いポケモンなら汎用性あるし抜き性能高いしそれで6匹固めれば最強じゃね?とネタ発言をし知らぬ間に広まっていた(?)感じです

「汎用性が高い」の言葉の中には積み技を搭載したポケモンも含まれています。
無論スターミーのような積み技を持たないが範囲の広いポケモンもこれに含まれることは事実ですが、もともとの提唱者は「積み技」をしっかりとこの理論の中に含めているということをどうかお忘れなく

最後にこの汎用理論ははふざけた「ネタ」なのでそもそもの話まじめに考察する必要がありません

以上、駄文失礼いたしました

123: by ドーミノー on 2012/08/25 at 00:06:39

>>名無しさん

汎用理論の原点からすれば、確かに積みも要素になりますね。
自分としましては、書き方を工夫して書き直したいとは思っています。

ただネタと言いますが、このネタみたいなものを流用したのが対面構築になるので考察する必要がないとまで言えないと思います。

役割理論も金銀世代の毒毒眠るから構築理論に派生したように、汎用理論も派生が増えるかもしれませんし。

124: by ドナドナ on 2012/08/25 at 22:40:23

そもそも記事名が「当ブログでの用語説明」なので、
用語の間違い(?奇妙な言い回しだけど)を指摘するのはナンセンスでは?

定義付けするなら、もっと胸張って良いと思います。

125: by ドーミノー on 2012/08/26 at 01:04:19

>>ドナドナさん

そうですね、胸張る必要はありますね。
もう少し自信を持って出せるように精進します。

129: by on 2012/09/02 at 09:40:24

他所で明確に定義づけられたものに対して、全く関係のない第三者が自分で勝手に定義づけをし、それを胸はって主張とか頭湧いてますよ
「1+1=2」という事象に対して、『当ブログでは「1+1=3」であるとしています』って言ってるようなものです

▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

ふろすと

Author:ふろすと
ポケモンの他でやってる物
・メガテンシリーズ
・ペルソナシリーズ
・世界樹シリーズ
・英雄伝説シリーズ

シングルメイン
非色違い大好き勢
ニコ生の大会で桐島というので参加してます
TwitterID:@poke_tsorf

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

カウンター

訪問者数

リンク

Twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。