RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

真・雨スタンダード ~ドミノ雨~


BWの環境も終わり、新たにBW2環境になるまで日数もなく、他のブログもまとめに入っているので自分も便乗です。

よければみてやってください。 ★~安定型雨~         ★~攻撃型雨~  
(3).png (15).png

全体概要
このPTでは主にトノグドラを安定させようというコンセプトで組んでみました。
つまり今までとは逆の発想で出発をしています。

そもそもトノグドラの弱点は既に何回も書いてあるし、他ブログでも扱っているけど一応書きます。
①ニョロトノのスペックの問題
②ニョロトノとキングドラの技範囲の被りと役割の非分業
③ラッキーやハピナスという越えられない壁

そこで考えた結果、PT全体での役割分業と勝ち筋の複合化の2点に拘ることにしました。
トノグドラという全抜き体制に新たにバシャーモを入れることで非選択時での勝ち筋を増やすことを目的にしました。
主体は攻めの象徴の雨なのでこうなりました。あくまで安定であって表裏にしようではないので・・・。

そしてバシャーモを軸とした場合でも勝ち筋を作れるというところでブルンゲル等のゴーストやエスパーキラーのバンギラスの採用。ΞΞ( ´◔‿ゝ◔`)☆)◔‿ゝ◔`) おいうちWWWWWWWビーッドカンWWWWWW
おいうちとエッジは強いですね。

そしてなによりもこのPTの欠点の選出単位読みをされたくないことが最大の理由です。
例えば相手がトノグドラがこのPTに刺さらないからループで来ること読みの対ループ選出・・・みたいなことされたらひとたまりもありません。
だいたいこの対ループ用の選出はトノグドラで押し倒せるのがまた嫌なところ・・・。
これは前の珠スターミー入りのカバドリで書いた対雨用3体の選出の対策のようなものですね。

2~3方向の火力でごまかそうという魂胆です。
2つの違い
上のトレーナーカード2種類の違いについてです。
テーマは書いてあるので、具体性を含ませると
☆メリット
①先制技持ちの確保
②相手のバシャーモとローブシンへの対策
③PT全体での火力アップ
④神速からの対ボルト

★デメリット
①PT全体での耐久ダウン
②状態異常対策の減少

このPTは何故か襷ボルトロスをものすごく呼ぶので、相性のいいボルト+ブシンとかでグライオンが出しにくいので交代。
雨グライ自体は去年から強いと思ってますので、自分の中のグライオンの評価は変わってません。

現在のガチ環境でいる格闘は
・バシャーモ
・ローブシン
・キノガッサ
この3体です。
★グライオンでの場合
・キノガッサ:相性最高
・ローブシン:交代読み空元気でかなり危ない
・バシャーモ:フレドラあるし、めざ氷搭載バシャも考えると不安要素
★カイリューでの場合
・キノガッサ:明らかにPT相性が下がる
・ローブシン:相手がAB火炎玉だとまずい
・バシャーモ:舞ジュエル神速で落とせるので対面に強い
2つのPTでは対格闘に違いがあるので環境次第の変更が望ましいと思います。

以下個別紹介(今回は7対分)

個別紹介

◆ニョロトノ(控えめ) ハイドロポンプ/冷凍ビーム/めざめるパワー飛行/滅びの歌@拘りスカーフ

実数値:167(12)-xx-96(4)-154(240)-121(8)-120(240)          ※HABcds個体
・111族+1
役割:天候要因+スカーフ


耐久ラインやらはループに任せることで、脱出トノの時の使えない点を改善しました。(逆に脱出トノの利点も潰したのですけど・・・)
Cのラインはボルトロスを落とせるラインと11nです。
めざパ飛行はあくまであるだけの存在です。使えないなら変更するのも手です。



◆キングドラ(控えめ) ハイドロポンプ/流星群/選択(波乗り・龍の波動・寝言)@拘り眼鏡
実数値:151(4)-xx-116(4)-160(244)-116(4)-137(252)
・CSぶっぱ
役割:メガネ+特殊表抜き役


これも言わずもがななので割愛。
寝言はガッサ対策です。このPT改めて見ると雨対策ガッサ対策が多いですね。
甘えた催眠を許さないってやつですね。



◆グライオン(腕白) ハサミギロチン/守る/選択技(地震・氷の牙・燕返し・身代わり)@毒毒玉

実数値:179(228)-116(4)-176(116)-xx-96(4)-135(156)
・最速70族+1
・150ハッサム蜻蛉帰りが身代わり確定耐え
役割:物理受け+対異常状態


これは前に作った個体の流用であまり調整した記憶もなく確かべっちkさんのグライをコピーしただけだったはず。
ただHDはこの方が若干特殊に厚いです(ゆうて雀の涙程度ですが)
選択なのはいろいろ理由があるからです。
・地震・・・一致100の安定技。だれにでも打てる
・氷の牙・・・PT的に龍がいないから龍への打点
・身代わり・・・せっかくバンギいるんだからループさせろ
・燕返し・・・格闘重いから早く相手の格闘を退場させろ

どれにするかはあなた次第。4C2=6通りできますね。ゆうて雨グライはつおい。



◆ナットレイ
珠スターミーいりのPTのナットレイと同じ
役割:雨ミラー+特殊受け

ミラー用と積める特殊受けが欲しかったのです。



◆バシャーモ(陽気) フレアドライブ/守る/飛び膝蹴り/剣の舞@命の珠
実数値:156(4)-172(252)-90-xx-90-145(252)
・ASぶっぱ
役割:物理裏全抜き

採用理由は概要で書いたから省略。
剣の舞なのは、相手の交代読み剣舞で確実に全抜きさせるため。
まぁ、エッジ搭載させても打ちたいやつがいないので剣舞持ってる方が何かと役に立つんじゃねという浅はかな発想です・・・ハイ。
実践では交代読み剣舞からの全抜きを本当にしたのでいいと思いますよ。
三ヽ(´◔‿ゝ◔`)ノ┌┛ウワアアアア [地面]
† †(d´◔‿ゝ◔‘)b† † つるぎのまいWWWWWWチュインチュインWWWWWWWWWWW



◆バンギラス(意地っ張り) 噛み砕く/追い打ち/ストーンエッジ/馬鹿力@拘り鉢巻
実数値:187(92)-187(124)-132(12)-xx-134(108)-103(172)
・182眼鏡ラティオスの流星群1.5発耐え
・182ガブリアスの地震確定耐え
・準速ラッキー+1
・161眼鏡キングドラのドロポン高乱数耐え
・残りA(11n)
役割:受けループ作り+鉢巻+サイクル破壊


相手のPTと比べ、こちらはトノグドラというタイプの被り=半減の被り=PT全体での半減の減少によりサイクルで戦う戦法に対してジリ貧になってしまいます。いくらループをいれてもループ2体では一貫ができます(火や飛行)。
そこをバンギラスの追い打ちで無理やり潰すのです。

もちろん相手からすればいい起点役になりえます。
なのでそこを滅びの歌や加速できるバシャや雨でのすいすいで上からたたき落とすのです。



◆カイリュー(意地っ張り) 神速/逆鱗/地震or炎のパンチ/龍の舞@ノーマルジュエル

実数値:169(20)-198(204)-116(4)-xx-130(84)-125(196)
・最速バンギラス抜き+1
・珠182ラティオスの流星群高乱数耐え
・一舞神速でバシャーモを確定1発
役割:対格闘+先制技


グライオンとの選択になるカイリュー。違いは上に書いたので割愛。
耐久ラインの珠耐えですが、珠ラティオスの方がナットレイを使う人にとっては嫌なので、珠耐えすれば勝ち筋に繋ぎやすいというだけです。
総評
今回のPTでPOはかなり上位までどちらも食い込めたのでまぁまぁ使えると思います。
これが新しい雨で起源主張できますように ( ◔‿ゝ◔`)



スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

ふろすと

Author:ふろすと
ポケモンの他でやってる物
・メガテンシリーズ
・ペルソナシリーズ
・世界樹シリーズ
・英雄伝説シリーズ

シングルメイン
非色違い大好き勢
ニコ生の大会で桐島というので参加してます
TwitterID:@poke_tsorf

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

カウンター

訪問者数

リンク

Twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。