RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

カバドリュウズχ

正直作るのしんどい
なんで前の記事をかきなおしただけの簡単なお仕事20120401020111467.png


PT概要

今回は小さくならないスターミーを軸にPTを組んでみました。
採用に当たって、一般的な所謂抜き役と比べると
  • メリット
1.自然回復による状態異常耐性
2.素のSの高さ
3.範囲の多さ(ここでは一貫というよりも抜群数が多い、まぁ技の範囲)
  • デメリット
1.火力の乏しさ
2.天候さえ一致すればかなりのSの高さになり負ける

ここで注目したいのはメリットの3.とデメリットの1.。

まずはデメリットの1.について。
火力の不足を補うための方法としては
1.天候のダメージ
2.ステルスロック
の2つが挙げられます。
この2つを持つことができるのはカバルドンかバンギラスなので、カバルドンの採用が決まりました。
つまり感覚的にはカバルドン+ドリュウズ+バシャーモと同じと思ってください。

次にメリットの3.について。
カバドリを採用にするに当たって考えるのは以下の2つ。
1.対ミラー
2.対雨

2.に関してはカバドリで見られる形である
カバ+ドリ+○○/対雨3匹/5体の補完役
の構築方法を採用する方向で考えます。
(例としてはテンプレとなりつつあるカバドリ+ラティハッサム+ガッサ+スイクンで考えると、
カバ+ドリ+ラティ/ラティ+スイクン+ガッサ/ハッサムとなると思います。)

1.に関してですが、テンプレとなりつつあるカバ+ドリ+ラティを倒すように考えます。
これを考えるとスターミーの性能にとても強みが出ます。
それはスターミーの技がテンプレに刺さることと素での素早さがラティオスに勝るということです。
詳細は個別紹介で述べたいと思います。

では以下、個別解説。


個別紹介(採用順です)

◆スターミー(臆病) ハイドロポンプ/雷/冷凍ビーム/身代わり@命の珠
実数値:137(12)-xx-106(4)-152(252)-106(4)-181(236)

・腕白HDカバルドンをハイドロポンプで確定1発
・無振りラティオスをハイドロポンプ+冷凍ビームで確定2発
・153-93キノガッサを冷凍ビームで確定1発
・火傷ダメ後の183-86ローブシンをハイドロポンプで確定1発
・193-134ニョロトノをハイドロポンプ+雷で確定2発
・161眼鏡キングドラの龍の波動を最高乱数以外耐え
・189ジュエルバシャーモの飛び膝蹴りを砂と珠ダメ込で確定耐え
・ボルトロス(111族)+2
役割:テンプレ選出と対雨。

今回の軸のポケモン。
カバドリと組むことで小さくなる型と間違えられることもメリットです。
理由は1ターンでもアドを与えると避ける可能性=負け筋が生まれるので、相手からすればたとえ苦手な対面でも居すわる可能性を与えれるからです。
上の記述より、スターミーの最大のメリットはテンプレミラーを交代できなくさせることです。
安易にラティオスに交代できなくさせることが強みになります。

技のドロポン・冷凍ビーム・雷はテンプレなので割愛します。
身代わりはある目的があって採用しています。それは小さくなるスターミーと型をより勘違いさせるためです。
たとえば初手に身代わりを見せれば、今のスターミーは小さくなる方が多く、さらにカバドリもこの型のほうが多いので相手は苦手な対面でも引きにくいということです。
自分も使ってて珠ボルトが居すわったりしておいしい場面が多々ありました。

Sのラインですが、今の環境を考えるとS全振りよりもラインを落として、耐久を上げるほうがいいと考えて落としました。
どうせ、スカーフバンギラスには抜かされますので・・・。
111族+2であるのはスカーフニョロトノであれば雷で確定1発に持って行けるからです。
10万でなく、雷を採用したのもこの理由があるからです。



◆カバルドン(腕白) 氷の牙/欠伸/ステルスロック/怠ける@ゴツゴツヘルメット

実数値:215(252)-133(4)-169(124)-xx-106(108)-70(20)
・182眼鏡ラティオスの波乗りを最高乱数以外耐え
・残りをBに振る
・4振りカバ抜き火炎玉ブシン抜き

役割:テンプレ選出と天候役と物理受け

採用理由は前述に書いたので割愛。
持ち物は後述のナットレイを考えると最初はオボンでしたが、格闘に強く(特に火炎玉ブシン)したくてゴツメにしました。

氷の牙は地震だったんですが、6体決まった時に龍に打点が欲しいということで変更。
欠伸とステルスロックは言わずもがな。
怠けるはブシンのドレインパンチなら確定3発になりこちらの方が回復量が上回ります。
空元気は確定2発ですがSが凡庸のブシンよりも早いので先に怠けるが出せ、結果として自滅させることができます。



◆ドリュウズ(意地っ張り) 地震/身代わり/恩返し/剣の舞@気合の襷
実数値:185-205(252)-80-xx-86(4)-140(252)

・ASぶっぱ
役割:テンプレ選出と対雨最終兵器
採用理由はカバルドンがいるから。単純ですね。
持ち物と技のバランスが悪いと思われますが、これには理由があります。
理由はミラーと確定数。
ミラーにおいてスターミーがいることでカバへの遂行能力があるので、ステロさえ撒かれなければ確実に相手のドリュウズに勝てることが大きいです。

もうひとつは陽気ドリュウズの相手。
相手からすれば確実に勝てるもの(たとえば火炎玉ブシンのマッパ)で被害を出さないようにしたいと思うので、こちらとしては手負いにしないていけません。それなら襷を持たせて行動回数を稼ぐのがいいと思いました。
感覚としては電磁波砂での襷ガブリアスとおもってくれればいいです。
欠伸が決まれば身代わり、対雨での最終技として襷をという感じですね。

次いでいうなら150ハッサムの蜻蛉帰りでは身代わりが破壊できないので、甘えたラティハッサムを逆起点にできます。
Dに4振ってますが、Bで構いませんね。自分は熱湯の乱数を変えたくてこうしました。



◆ナットレイ(生意気) 種マシンガン/ジャイロボール/鈍い/眠る@カゴの実
実数値:181(252)-114-165(108)-xx-170(148)-22
・151キノガッサのローキックを鈍い1積みで確定4発
・151キノガッサのローキックを鈍い2積みで確定5発
・158ユキノオーの吹雪を霰*2込で確定3発
・189珠バシャーモの飛び膝=181珠テラキオンのインファイトを鈍い1積みで確定耐え
・雨下161眼鏡キングドラのハイドロポンプを確定2発耐え
役割:対雨とループ対策と特殊受け

採用理由は、対雨で入れるものが欲しかったからですね。
BよりDの値が高いのは、Bは鈍いがあるのでDに多く振るのがいいとおもったからです。
持ち物と技はおそらく特殊の受けにほとんど回すので、残飯での微々回復より、状態も回復し、次のポケモンにも立ち向かえる眠るの方が強い(このPTでは)と思ったからです。

種マシンガンは、身代わりスイクンやレベル1、グライオンを目的にしています。
まぁ、ギロチン来たら崩壊しますけど^^;。

使ってみるとたぶんもっとも選出回数が多いのではないでしょうか?
対ノオーでも上の耐久を示すので、後出しから眠ってジャイロ2発で襷ノオーも無理やり落とせます。

今回はこれですが、実際はもう少しBを下げてDを上げてもいいでしょう。



◆カイリュー(意地っ張り) 神速/逆鱗/炎のパンチ/地震@拘り鉢巻

実数値:169(20)-198(204)-120(36)-xx-121(4)-125(196)

・207-176のスイクンを逆鱗で確定2発
・AS振り
・最速バンギラス抜き

役割:瞬発火力と対雨と飛行役と対格闘

カバドリスターミーでは拭えない、格闘と地面の一貫を消したいという理由と、ドリュウズの持ち物構成上ドリュウズ本人が瞬発火力が出せないので瞬発火力役として採用。

砂パなのでマルチスケイルとアンチシナジーかもしれませんが、どうせステルスロックが撒かれる環境ですし、後出しできればそれでマルチスケイルを使うので問題ないと思いました。

後先制技を持つものがいないので、という理由もあります。
使用すると先発が多い感じです。
先発読みをし、鋼でない耐久(スイクン等)への甘えた交代を許さない鉢巻逆鱗は魅力的ですね。
上の調整はスイクンのみですが、スイクンの物理耐久指数を考えるとヤドランやグライオンも落とせるので強いですね。



◆ウルガモス(控えめ) 大文字/虫のさざめき/蝶の舞/目覚めるパワー地面@ラムの実
実数値:175(116)-xx-86(4)-182(88)-137(96)-146(204)  ※HaBcdS個体
・182眼鏡ラティオス流星群を中乱数耐え(70%)
・200ガブリアスの逆鱗を中乱数耐え(70%)
・187-133メタグロスを最低乱数以外大文字で確定1発
・雨下177-130ハッサムを大文字で確定1発
・1舞さざめき+めざ地面で191-128ヒードラン確定2発
・最速バシャーモ抜き
役割:5体の補完役と特殊アタッカー


補完役として5体ではどうしても隙のでる、ノオーやガッサを制圧する目的で入れました。
はじめはHも191でSも138とかでしたが、バシャーモが増えたのでH+Dのラインを確保しながらSに振りました。
自分は努力値は結構適当で、コイツもCはメタグロス確定までしかイメージしてなく、今も慌てて他の計算をしているところです。

めざ地面なのは、191眠る@カゴが理想ですが、持ち物の関係上こうなりました。ナットレイでは見れないドランとシャンデラとバシャーモ意識ですね。

Sはバシャーモを抜くことでワンチャンあればです。H+Dが191と同じなので十分活躍できる耐久ではないでしょうか。



総評
個別紹介は以上です。
6体を考えるとPTのテーマは「小さくなる偽装珠スターミー入りカバドリ構築」となります。

使用した選出率は
ナットレイ
スターミー
カバルドン
ドリュウズ
カイリュー
ウルガモス

となりました。
ウルガモスはもともと6枠目で補完であったので妥当ですが、ドリュウズが低いのでそこらへんも考慮したいですね。

後は自分は4世代のようなサイクルでダメージ蓄積のほうが好きですが、今回はバリバリの5世代感がありますね^^;。
どうしても4世代のように考えるとノオー以外見れなくなるのが痛いですね。
参考にした書き方を今回採用してみましたが、疲れました。
次からは簡略したものになりますね、たぶん・・・。



スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

ふろすと

Author:ふろすと
ポケモンの他でやってる物
・メガテンシリーズ
・ペルソナシリーズ
・世界樹シリーズ
・英雄伝説シリーズ

シングルメイン
非色違い大好き勢
ニコ生の大会で桐島というので参加してます
TwitterID:@poke_tsorf

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

カウンター

訪問者数

リンク

Twitter

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。